自暴自棄の行動を起こしたりゴミ屋敷になってきたら注意

サイトメニュー

気をつけたい症状と特徴

カウンセリング 自虐うつは無気力で自暴自棄になって不摂生な生活を送ってしまったりする症状があり、真面目な人の方が発症しやすい傾向です。そのまま放置しておくのは得策ではないので、気になる症状がある場合や周りに指摘された場合は早い段階で医師に相談します。

詳しく見る

通院治療が必要

医療 自虐うつの人が増えてきています。何をするにしても自分が悪いと感じてしまうため、症状が重くなると大変です。自殺願望が芽生えてしまうこともあるからです。早急に心療内科にかかりましょう。カウンセリングを受けることで改善するかもしれません。

詳しく見る

早めに医療機関を受診する

頭を抱える女性 離婚を経験したり、リストラや職場でパワハラを受けて退職をしたりする人も増えています。自虐うつは、自暴自棄になってしまい、身の回りの衛生に無頓着になったり、リストカットなどの自傷行為などが見られることもあります。

詳しく見る

うつに似たような症状とは

悩む成人女性 自虐うつが重症化すると、最終的に孤独死を迎えてしまうこともあります。自分の中で、悩みや辛いことがあれば、すぐに話せる友人や知人を頼りましょう。友人に相談しづらい方は、第三者による電話やネット相談も活用するといいでしょう。

詳しく見る

真面目な人がなりやすい

悩む男性

セルフネグレクトとも呼ばれている

人生における何かしらのつまずきが原因となり、自暴自棄になって他人と衝突したり自分を大切にしなくなる状態の人は、自虐うつにかかっている可能性が高いと言えます。自分の家を片付けなくなりゴミ屋敷という状態になっても放っておく人も多く、本人に自覚症状がなければ家族の方から促して病院に通院させた方が良いでしょう。自虐うつに陥っているという自覚症状があり、回復させたいと感じるのであれば自分でメンタルクリニックなどを調べて通院するのをオススメします。他のうつ病とは違い、自虐うつの人は他人の前では活動的に見せる人がほとんどで、自宅に帰ると無気力な気分が襲ってくる特徴があります。メンタルクリニックでカウンセリングを受ける前に、覚えている自虐行為をノートなどに記録しておくとスムーズに医師と話すことが可能です。通勤通学をしながらの通院を検討している場合は、土曜日や日曜日に診察を行なっているメンタルクリニックを探すようにしましょう。要予約としているメンタルクリニックが多いため、あらかじめ電話で日にちと時間を決めてから通院するようにします。本人の自覚症状が低い場合は、家族が同伴してカウンセリングを受けられるか確認しておくと安心です。

心療内科でも精神科でも自虐うつを扱っていますが、専門的に自虐うつについて治療を行なっている医師に診てもらうと、悩みを話しやすくなります。同じような環境でうつ病になった患者のメッセージなどが、ホームページに記載されているところから選ぶのも良いでしょう。また、心療内科では漢方薬を処方しているところも多く、抗うつ剤以外を用いて治療したい人に好評です。一般的にうつ病の治療期間は1年半から2年ほどはかかるため、通院しやすい立地にあるメンタルクリニックを選ぶようにしましょう。自虐うつは自分自身を大切にしなくなるという特徴があり、セルフネグレクトとも呼ばれ身なりに構わなくなったり、不健康でも放置する傾向にあります。病気などを放置していて進行している場合には、心の治療と同時に身体の悪い箇所の治療も行うと安心です。すでに身体のどこかが病気になっている場合には、医療機関が集まるビルや総合病院などに通うのも良い方法です。自己管理が出来なくなっている状態の場合には、入院が出来るタイプのメンタルクリニックを探すときちんとしたケアをしてもらえます。同居する家族から見て自宅療養が困難であると感じる場合や、一人暮らしでゴミ屋敷にしてしまうという状態の人の場合も、入院することで症状が良くなることもあります。

Copyright© 2019 自暴自棄の行動を起こしたりゴミ屋敷になってきたら注意 All Rights Reserved.