自暴自棄の行動を起こしたりゴミ屋敷になってきたら注意

サイトメニュー

気をつけたい症状と特徴

カウンセリング

真面目な人ほど注意したい

うつ病というと、やる気が出ないとか、なにもかもが嫌になってしまうなどの症状を訴える人が少なくありません。ただ実はそれ以外にも気をつけておきたい症状があり、その一つが自虐うつと呼ばれる物です。これは、うつ病によく似ていて無気力になってしまうなどが主な症状なのですが、それ以外にも自ら社会生活を放棄してしまうという点も特徴です。自分からわざわざ不摂生をしてしまったり不健康な生活を送ってしまい、自暴自棄になってしまう人が少なくありません。またそのままの状態で放置しておくとその症状はどんどん悪化し、結果的には命を落としてしまうこともあります。このように自暴自棄になってしまう自虐うつですが、一般的には真面目な人ほど発症しやすいという特徴があります。失敗したくないとか恥をかきたくないという気持ちが強く、さらに自分のことを誰かに相談できないタイプの人です。このようなタイプの人が一度うまくいかないことを体験して挫折を味わってしまうと、結果的に自虐うつの症状が出てきてしまう仕組みです。ただ、この状態になってしまっているということは、すでに自分の中にいろいろな物事に対する不満が積もり積もって自暴自棄となっている可能性があります。したがって、予防法としては出来るだけ自分の弱みを見せることができる人や場所を用意したりして不満を小出しで発散するというのが効果が期待できると言われています。

自虐うつは、自暴自棄になってしまって不摂生をしたり、部屋が汚くなってしまったりというのが初期から中期にかけての症状だといえます。ただ、このような状態になっていると、周りからはいい加減なことをしていると言われてしまうこともありますが、じつはそうではありません。この症状を発症しやすい人は、いい加減な人ではなくいろいろと真面目に対応して抱え込んでしまう人の方が多いからです。したがって、できれば症状が発症する前に原因となる不安、不満を吐き出せるのが良いのですが、なかなかうまくいかないということも少なくありません。ただそのまま放置しておくこと自体は決して得策とはいえないので、まずは気になる症状が出てきたらその症状を医師に相談してみるようにします。その際は出来るだけ詳細に伝えられるのが良いので、いろいろと気になる症状を箇条書きでも良いので伝えるようにします。ただ絶対にそうしなければならないわけではなく、まずは自分のことを出来るだけ追い詰めないようにすることも必要です。中には病院などにいかなくても徐々に症状が良くなっていくという人もいないわけではないのですが、できれば病院に行って相談するとか、カウンセリングを受ける方がベターです。したがって、自虐うつではないかと自分で感じた場合、また周りに指摘された場合は早い段階で病院へ受診するように気をつけます。

Copyright© 2019 自暴自棄の行動を起こしたりゴミ屋敷になってきたら注意 All Rights Reserved.