自暴自棄の行動を起こしたりゴミ屋敷になってきたら注意

サイトメニュー

早めに医療機関を受診する

頭を抱える女性

暴飲暴食や自傷行為などが見られます

長い人生の中では、配偶者と離婚を経験したり、リストラやパワハラなどが原因で退職をすることもあります。自暴自棄になってしまい、暴飲暴食をして健康を害してしまったり、リストカットなどの自傷行為などを行うことがあります。自虐うつは現代社会では、誰でも陥る可能性があります。家族に気になる症状が見られる場合は、早めに精神科や心療内科を受診させることが大事です。自虐うつは、放置をしておくと衛生に無頓着になり、家がゴミ屋敷化してしまったり、自殺や孤独死などの危険性があります。最悪の事態を避けるためには、早めに家族に付き添ってもらい、精神科や心療内科を受診して、カウンセリングなどの精神療法を受けたり、うつの症状が重い場合は入院をさせたりすることも大事です。自虐うつに陥る人は、周囲に信頼できる人がいなかったり、過度のストレスが原因で、生きる気力を失っている状態です。自殺や孤独死などの悲劇を防ぐためには、兄弟姉妹や親戚、友人などが、話を聞いてあげることが大事です。精神科や心療内科の医師や医療スタッフは、親切で丁寧な応対なので不安や悩みを相談しやすい環境が整っています。なるべく家族が病院やクリニックに、付き添ってあげることが大事です。

若い年代の人はもちろん、中高年以降の年代の人も、配偶者や両親などの家族と死別をしたり、職場でパワハラなどを受けたりするとうつ病を発症することがあります。意欲や気力が低下して、見だしなみに無頓着になったり、部屋の掃除なども家事もしなくなります。ゴミが大量に溜まってしまい、ゴミ屋敷化して、害虫が発生することもあります。自虐うつは放置をしておくと、悲惨な状況になりかねないので、早めに治療を受けさせることが大事です。自虐うつは飲酒の量が増えたり、暴飲暴食をして短期間で体重が増加したりすることもあります。精神的に不安定だったり、イライラして家族に当たることもあります。自虐うつに罹る人は、心に大きな傷を持っており、日常生活や家庭生活を放棄することがあります。精神科や心療内科のクリニックでは、心に深い傷やストレスを抱えている人が、通院をしやすい環境になっています。同居している家族に変化が見られたら、早めに受診させることが大事です。うつ病は十分な休息や睡眠が必要な病気なので、一時的に入院を勧められることがあります。うつの症状が重い場合は、入院をさせたほうが良いケースもあります。早い段階で発見をすることで、症状が改善することもあります。

Copyright© 2019 自暴自棄の行動を起こしたりゴミ屋敷になってきたら注意 All Rights Reserved.